ベトナムコーヒー

ベトナムコーヒーの歴史

コーヒーの生産国はブラジル、コロンビア、エチオピアが有名です。しかし、今日の世界第二の輸出国はベトナムです。30年の間にベトナムコーヒーシェアは0.1%から20%へ上昇しました。この急激な変化がどのように国に影響を与えたのでしょうか。

1975年にベトナム戦争が終わった後、国は無秩序になり、ソビエト連合から導入された農業政策は役に立ちませんでした。

そこで1986年にベトナム共産党は歴史的な転換点を作り、コーヒー製造業に大きな賭けをしました。

1990年代にコーヒーの生産量は毎年20%〜30%増加しました。
現在、この業界では、約260万人の労働者を雇用して、コーヒー豆はほとんどが小規模農家で生産され、周りの、各ファームは2〜3エーカーの面積を有しています。

これは、ベトナム経済を変換してきました。1994年にはベトナム人の約60%が貧困基準以下の生活をしていましたが、現在この数は10%を下回っています。

ベトナムの人々は、コンデンスミルクや卵でカプチーノを飲みながら、コーヒーを楽しみます。しかし、ベトナムで栽培されたコーヒーは主に輸出用のものでもあります。

コーヒーは19世紀にフランス人がベトナムに紹介し、コーヒーの製造、加工工場は1950年に開始されました。

ヨーロッパでは一般的にコーヒーは、主にアラビカ豆を使用するのに対して、ベトナムはロブスタ豆のコーヒーを栽培しています。

アラビカ豆は1〜1.5%のカフェインが含まれていますが、ロブスタ豆には約1.6%~2.7%を含まれているため、濃厚で苦みを感じます。

かつて、多くのベトナムコーヒーは生豆として輸出された後にヨーロッパなどで焙煎されていましたが、15年前からは徐々に自国で焙煎・販売しています。

その中でベトナムで最初の国際的コーヒーブランド「チュングエンコーヒー」が有名です。チュングエンコーヒーはコーヒー生産地として有名なバンメトートーにて栽培されています。

ベトナムでは至る所にコーヒーショップが数多くあります。

今ベトナム資本のPhuc Long Tea & Coffee、The Highland Coffee、The Coffee House、Viva Star Coffee、などがベトナムでは人気です。

さらにスターバックス、ザ・コーヒービーン&ティーリーフなどアメリカや海外からの進出が目立っています。しかしながらチュングエンコーヒーのように今でも伝統的なアルミフィルターを用いて一杯一杯、時間をかけてドリップするベトナムコーヒーが一番ベトナムらしいコーヒーと言えるでしょう。



企業情報 Information

ベトナムのチュングエンコーヒーの総代理店からスタートし、ベトナムコーヒーを日本に初めて紹介してから早15年以上。今ではベトナムコーヒーを知らない人はいません。 一度飲んだら忘れられない味。酸味がなくチョコレートのような深みとコクのあるのが特徴です。 これからも本格的な味にこだわったベトナムコーヒーを皆様にご提供いたします。

株式会社エピス
〒135-0042
東京都江東区木場2-5-3
TEL:03-5620-8808
FAX:03-5620-8828
epis@trungnguyencafe.com